ストックホルム日本人補習学校Japanska Skolan

Japanska Skolan i Stockholm

 

ストックホルム補習学校(日本の小学校1年より中学3年生を対象)は、補習授業を行っています。 詳しくは下記の同校事務所に直接ご連絡ください。

ストックホルム補習校事務所

Högbergsgatan 68 118 54 Stockholm Tel/Fax: 08-640 33 13 (月~金曜日)
E-mail: japanskaskolan@gmail.com

 

ストックホルム日本人補習学校について

新入生募集事項

ストックホルム日本人補習学校の概要

学校の沿革

補習学校における教育の目的

学期・行事

「補習学校で学ぶ」ということ

講師募集のお知らせ

 

新入生募集事項

 

ストックホルム日本人補習学校の概要

1.Enskilda Gymnasiet(Enskilda 高校)ストックホルム日本人補習学校

2.組織

  • 経営主体 ストックホルム日本人学校協会
  • 運営主体 ストックホルム日本人補習学校運営委員会
  • 会員 児童生徒の保護者及び趣旨に賛同する者

3.経費 会員よりの授業料及び各種補助金

4.所在地

学校協会事務所 〔地図

  • Högbergsgatan 68A, 118 54 Stockholm SWEDEN
  • Tel:Fax +46 (0)8 640 3313
  • Email: japanskaskolan@gmail.com

借用校舎〕

  • Enskilda Gymnasiet(Enskilda 高校)〔地図
  • Tegnérlunden 5   111 61 STOCKHOLM

 

学校の沿革

1975 4 ストックホルム日本人会の働き掛けにより、ストックホルム市教育局の母国語教育余暇活動として、土曜学校の日本語学級を2クラス発足させ、マリア校で学習を開始する。(生徒数12名・教員2名)
1976 3 日本商工会並びにストックホルム日本人会の後援のもと学校運営委員会が組織され、ストックホルム日本人補習学校を開設する。(児童生徒数40名・教員6名、小中学部3・国語クラス1で開始)校長は菊池幸子女史。
4 ストックホルム市教育委員会でストックホルム日本人補習学校が市の母国語教育余暇活動として認定される。
1977 4 中学部が開始される。校長はグレダ・ノードマーク女史。
1978

1979

3 学校文集「あしあと」第1号発行。校長はトローセル和子女史。

この年より1999年まで校長は藤川陽子女史。

1980 12 5周年記念学芸会をミュージックアカデミー大ホールで行う。
3 第1回卒業式が挙行される。
1981 9 日本人補習学校が、ストックホルム日本人会主催のスポンガ競技場での大運動会に、学童競技の責任者として正式に参加し、以後日本人会と補習学校共催で運動会を開催する。
1982 学校図書館兼事務所をHögbergsgatan 66に設置する。
1985 12 10周年記念学習発表会をマリア校体育館で開催する。
1986 4 ストックホルム市の予算削減に伴い、母国語余暇活動の援助が打ち切られる。独自の運営を始める。校舎の無料借用の為、ストックホルム日本人会の青少年活動として市に登録する。
6 第1回の宿泊学習をリーダで行う。
8 ヴァーサ高に借用校を変更して授業を再開する。
1987 4 第1代派遣教員(北村弘信氏)を教頭として迎える。
1988 6 中島源太郎文部大臣が本校を視察する。
11 日本人補習学校協会設立のための保護者総会が開かれ、規約を承認し、日本人補習学校協会が発足する。ただちにストックホルム市に協会登録をする。
1990 4 小学部、中学部の単式授業が実現する。第2代派遣教員(岩田勉氏)を教頭として迎える。
11 15周年記念学習発表会及び展覧会を開催する。
1993 4 第3代派遣教員(杉浦博人氏)を教頭として迎える。
8 エンゲルブレクト校に借用校舎を変更する。
1995 4 事務所兼図書館をHögbergsgatan68に移転する。
8 20周年記念式典をメドボリヤルヒューセットで行う。

校旗及び校歌が公募され決定する。

1996 4 第4代派遣教員(小向和秀氏)を教頭として迎える。
1999 4 第5代派遣教員(細野正俊氏)を校長として迎える。
2000 1 25周年記念行事を行う。餅つきが披露される。

この年より校舎借用の援助が打ち切られ、有料となる。

3 25周年記念として在校生による「手形押し」が記念作品として残される。
2002 4 第6代派遣教員(廣間義康氏)を校長として迎える。

インターナショナル校に借用校舎を変更する。

11 第1回オープンスクールを実施する。
2005 4 第7代派遣教員(中島直人氏)を校長として迎える。
11 創立30周年記念行事を式典と催しに分けて実施する。

掲示用の校歌(フェルト作品)が生徒によって作られる。

2006 6 運動会が日曜日を授業日として実施される。
2008 4 第8代派遣教員(横山富夫氏)を校長として迎える。
2009 4 小学1.2年の授業を5校時とする。
2010 12 高木文部科学大臣が補習校を訪問。
2011 4 第9代派遣教員(田中 昇氏)を校長として迎える。
2012 4 1単位授業時間を40分から45分にする。
2015

2017

4 第10代派遣教員(金子 博氏)を校長として迎える。

2017年4月より第11代派遣教員(高橋 伝氏)を現校長として迎える。

 

補習学校における教育の目的

1.集団の中で日本の言語・文化・習慣等を身につけ、それを向上させる機会とする。

  • 国内における義務教育の精神に沿って、教科指導を中心に学習指導要領に則った学習を進め、帰国後の学習・生活の円滑化を図ることが目的である。

2.スウェーデンの文化・習慣等になじむための機会とする。

3.スウェーデン在住及び日本帰国後における教育問題に関する意見交換ならびにその対策のための研究の場とする。

 

学期・行事

学期 行事

1学期(4~6月)   入学式・始業式、新入生歓迎会、補習学校総会、保護者懇談会、授業参観・学級懇談会、音読発表会、運動会

2学期(8~12月) 作品展示会・授業参観、音読発表会、個人面談

3学期(1~3月)   もちつき会、新入学児童説明会、授業参観、文集「あしあと」、音読発表会、卒業式・修了式

 

学習時間および教科内容

始業 朝の会 1校時 2校時 3校時 昼食 4校時 5校時 帰りの会
9:00 9:00

9:10

9:10

9:55

10:05

10:50

11:00

11:45

 

 

11:45

12:20

 

12:20

13:05

13:10

13:55

13:55

14:05

1.小学部(1~6年) 午前中3時間、午後2時間を学習する。

  • 1・2年  【国3・算2】
  • 3~6年  【国3・算2】

2.中学部(1~3年)  午前中3時間、午後2時間を学習する。

 

「補習学校で学ぶ」ということ

 

本校では「補習」の意味を大きくは「家庭学習の補習」ととらえています。というのは補習学校の授業日数は「年間36日」という極めて限られた日数だからです。また日本に帰国してからの該当学年に適応していくための基本的な学習を習得するため、授業の進め方にもかなりのスピードが求められています。従って子どもたちは土曜日1日の授業で多くの内容を学ぶことになります。小学部・中学部の児童・生徒は、週1回の授業日で日本の小中学生の1週間分の内容を学習します。子どもたちが学校での学習内容をしっかりと身につけるには、家庭で行う6日間の学習がとても大切になってきます。つまり学校からの指示に従って家庭学習をきちんと行っていただき、その確認と補習を学校で行うということになります。  子どもたちがその力を十分に発揮し伸びるには、「学校にお願いしてあるから」という受け身の姿勢ではなく家庭と学校とが連携・協力しそれぞれの役割を十分に果たしてこそ初めて可能になります。本補習学校へ通学しているからといって日本語の力が向上することはありません。学習態度を含め学力向上のためには家庭での学習努力は必至の条件です。  子どもたちは月曜日から金曜日までは現地の学校や国際学校へ通い、その学習でも苦労をすることがあります。この点にも十分配慮するとともに適切な対応に心がけることで、子どもたちが楽しく充実した学校生活を送ることができるようになります。世界のどの補習校でも、合言葉は、「家庭は第2の教室、保護者は第2の担任」です。ご家庭のご支援とご協力をお願いいたします。

 

 

講師募集のお知らせ

ストックホルム日本人補習学校では小・中学校講師を募集しています。

1 募集職務  

小・中学校講師  (小学校⇒国語・算数  中学校⇒国語・数学)

2 必須条件

(1)労働許可証を有する方

(2)日本の子供たちとともに学び、且つ教えたいという強い意欲・情熱にあふれた方

(3) 教育の大変さや講師の果たすべき役割についてしっかりと自覚している方

(4)授業の準備やフォローアップを丁寧に行い、且つ困難にも挫けない方

(5)幅広いバックグラウンドを有する補習校の児童生徒たちを理解し、包容できる方【必須条件ではないが、プライオリティーが付される条件】

(6)日本の教員免許を所持している方(小学校、あるいは中学校の免許:教科は問わない)

(7)日本や諸外国で教壇に立った経験のある方

 ※今回の募集は、まず代替講師(非常勤)として一日(土曜日)勤務可能な方を対象としていますが、将来的に通年(正規)講師として働く意向のある方を特に歓迎します。

3 勤務時間等 

(1)基本的な勤務時間 土曜日8時30分から14時30分
(2)授業日(年36回、1回運動会)職員会議(年50時間)(※通年講師の場合)

4 提出書類 

履歴書(氏名・性別・生年月日・年齢・個人番号・住所・電話番号
Eメールアドレス・教員免許及び教職経験の有無・勤務暦等)

※ 履歴書の様式は問いません。
※ 履歴書を送っていただきましたら、事務所で学校長と一次面接を行います。
通年(正規)講師として採用の場合には、更に運営委員長と二次面接を行います。

5 受付・相談  

受付随時 事務所  Högbergsgatan 68, 118 54 Stockholm SWEDEN
Tel:Fax 08-640-3313E-mail Japanskaskolan@gmail.com
火曜日~金曜日 10:00~16:00
学校長  髙 橋  伝 (携帯) 073-780-4397

 

3c2eec4d-dbce-45ca-b9f8-e8687efd3e0b

厳寒の候、皆様におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。

平素よりストックホルム日本人補習学校の活動に対し、多大なるご理解ならびにご支援を賜り、心より御礼申し上げます。

さて、本年度も補習校におきまして、学校文集『あしあと』が年度末に作成・発行されます。『あしあと』は生徒たちによる貴重な成長の記録であり、また今回で第41号と長い歴史を有します。例年、文集の巻末には広告が掲載されますので、その募集をこれにてご案内いたします。広告掲載にご協力いただけます団体、個人の方は、下記要項をご一読の上、お申し込みいただけますと幸甚でございます。

~広告募集要項~

■広告内容:      特に内容制限は無く、A5版半ページ分
■広告掲載料:  一口1,000SEK

※申し込み後、補習学校事務局から請求書を発行・送付致しますので、それに従いまして振り込みをお願いします。

■申込方法:      2月15日(木)までに、広告原稿ファイルを添付の上、メール(宛先:msahara64@gmail.com)でお申し込み下さい。もしくは紙媒体の広告を補習校事務所(下記)までご郵送ください。

以上、よろしくお願いいたします。

ストックホルム日本人補習学校

運営委員長 佐原 真
(E-mail)msahara64@gmail.com
[補習校事務所]  Högbergsgatan 68, 118 54 Stockholm
(TEL/FAX) 08-640-3313

 

 

平成30年5月吉日

ストックホルム日本人補習学校への寄附の御依頼

新緑の息吹が日増しに感じられる今日この頃、皆様方におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。平素よりストックホルム日本人補習学校の活動に対し、多大なるご理解ならびにご支援を賜り、心より御礼申し上げます。

さて本補習学校は児童生徒保護者からの授業料を基礎として運営されていますが、年々高騰する校舎および事務所借料費、人件費等により経営が安定しているとは言い難く、日本政府および各種団体(ストックホルム日本人会、日本商工会等)からの援助によりその活動を何とか維持している状況でございますこの厳しい財政状況は学校運営の至る面において深刻な影響を及ぼし続けております。例えば、授業を行う上で有用な新しい機器等の導入が資金不足で出来ない、などといったことが当てはまります。 このような状況に鑑み、私たち学校運営委員会は少しでも多くの児童・生徒に良質な教育を安心して受けて頂けますよう、また補習学校が未来志向で安定して発展していけますよう運営の努力を続けて参りますと同時に、この度広く一般の皆様方に寄附の御依頼をさせていただきたく存じます。そしてそのご案内をこれにていたします。趣旨に賛同していただけた方には、下記概要をご一読の上、銀行振り込みにて寄附をしていただけますと幸甚でございます。皆様方におかれましてはご理解、ご支援の程宜しく御願い申し上げます。尚、何かご不明な点等ございましたらいつでも補習学校保護者部(japanskaskolan.hogosha@gmail.com)の方までお問い合わせください。

以上、御高配の程何卒宜しく御願い申し上げます。

記『ストックホルム日本人補習学校への寄附』概要

    • 受付時期:年中受け付けております。寄附であることが明確になりますように、” Meddelande(メモ)”のところに「Donation 100 SEK」、あるいはシンプルに「D 100」などとお書きください。
    • 金額単位:一口100SEKから、お一人あたり何口からでも受け付けます。
    • お支払先銀行口座:    Nordea / Japanese school Plusgiro 492510-3
    • 経過:寄附にご貢献いただいた方のご尊名を『学校寄附ご貢献者一覧リスト』(補習学校ウェブサイトその他に掲載予定)にお載せいたします。尚、御名前の掲載を希望されない方は振り込み時に” Meddelande(メモ)”のところに「List (-)」などとお書きください。
    • その他:請求書が必要な方は学校事務局から随時発行・送付致しますので補習学校保護者部までご一報ください。(japanskaskolan.hogosha@gmail.com。その他の質問等も同様に同アドレスまでお知らせください。以上

      ストックホルム日本人補習学校
      運営委員長 佐原 真
      (E-mail)msahara64@gmail.com
      [補習校事務所]  Högbergsgatan 68, 118 54 Stockholm
      (TEL/FAX) 08-640-3313

      Anmodan om bidrag till Japanska Skolan i Stockholm

      Vi vill tacka er för det stöd och den förståelse ni visar vår verksamhet i Japanska Skolan i Stockholm.

      Vår frivillig-skola drivs huvudsakligen genom studieavgiften från elevernas målsmän. År efter år stiger dock lokalhyra för skola och kontor, dessutom ökar även personalkostnaderna. Allt detta gör det svårare för skolans ledning att fortsätta bedriva verksamheten, eftersom det ekonomiska stöd man erhåller från Japanska regeringen och olika organisationer (Japanska föreningen, Japanese Businessmen’s Club etc.) inte räcker till. Den tuffa finansiella situationen i Japanska Skolan har allvarlig inverkan på administrationen och andra verksamheter inom skolan. Till exempel gör de dåliga finanserna att skolan inte kan införskaffa ny utrustning och hjälpmedel för undervisningen.

      Med tanke på den svåra situationen kommer styrelsen för Japanska Skolan att anstränga sig ännu mer för att effektivisera administrationen så att vi även i fortsättningen ska kunna erbjuda våra elever en högkvalitativ utbildning i en framtidsorienterad skola. Men det kommer tyvärr inte att räcka, så därför ber vi alla om ett frivilligt extra bidrag till Japanska Skolan för att förbättra dess finanser. Varje bidrag kommer att uppskattas mycket. Vi vore även tacksamma om ni kan sprida denna information till företag, institutioner och andra som kan tänkas vilja stödja vår verksamhet. För er som vill lämna ett bidrag kan detta göras till plusgirokontot nedan. Tack på förhand för er förståelse och ert stöd!

      Är det något ni undrar över, kontakta gärna målsmännens förening i Japanska Skola i Stockholm (japanskaskolan.hogosha@gmail.com).

      Hur man donerar?
      Donationsperiod: Vi tar emot donationer året runt, t.ex. vid betalning av skolavgiften (avgiften och donation). Vi ber er att skriva ”Donation 100kr” eller ”D100” i ”Meddelandet” för att tydliggöra att det är en donation.

      Summan: Minsta summa är 100kr. Multiplar av denna summa tar vi också gärna emot.

      Bankkonto: Nordea/Japanese school, Plusgiro 492510-3

      Efter donationen: Vi planerar att publicera en lista med namnen på de som bidragit till skolan, på skolans hemsida och andra platser, t.ex. skoltidningen. Skulle ni föredra att inte vara med på listan; skriv “List (-)” osv. i “Meddelandet” vid överföring.

      Övrigt: Om ni behöver ett kvitto, eller har andra frågor; får ni gärna skicka ett meddelande till skolans föräldraansvariga(japanskaskolan.hogosha@gmail.com).

      Med Vänlig Hälsning

      Makoto Sahara
      Ordförande Japanskaskolan i Stockholm
      (Email) msahara64@gmail.com
      (Japanskaskolanskontor) Högbergsgatan 68, 118 54 Stockholm
      (Tel/Fax) 08-640-3313

       

August 2018
M T W T F S S
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

訪問者数

Online: 5
Today: 470
Week: 1054
Overall: 3340736

国別訪問者

Flag Counter