ストックホルム日本人会 https://japanskaforeningenisthlm.se en mötesplats för japaner i Stockholm och intresserade av japansk kultur Mon, 23 May 2022 09:38:20 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.8.4 https://japanskaforeningenisthlm.se/wp-content/uploads/2021/08/cropped-image0-1-32x32.jpg ストックホルム日本人会 https://japanskaforeningenisthlm.se 32 32 【広域情報】サル痘の発生状況(サル痘を風土病としない複数国での新規発生) https://japanskaforeningenisthlm.se/blog/2022/05/23/%e3%80%90%e5%ba%83%e5%9f%9f%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%80%91%e3%82%b5%e3%83%ab%e7%97%98%e3%81%ae%e7%99%ba%e7%94%9f%e7%8a%b6%e6%b3%81%ef%bc%88%e3%82%b5%e3%83%ab%e7%97%98%e3%82%92%e9%a2%a8%e5%9c%9f%e7%97%85/ Mon, 23 May 2022 09:38:20 +0000 http://japanskaforeningenisthlm.se/?p=8110 会員のみなさま

外務省海外安全ホ—ムページの最新情報を共有いたします。

[...]

もっと読む »

]]>
会員のみなさま

外務省海外安全ホ—ムページの最新情報を共有いたします。

……………………………………….

●5月21日、世界保健機関(WHO)は、計12か国からサル痘ウイルスの症例が報告されている旨発表しました。WHOは今後更に非流行国にも症例が拡大する見込みとの見解を示しています。
●現在有効な予防法としては、症状のある者やサル痘を有する可能性のあるげっ歯類等のほ乳類との接触を避け、石けんやアルコールベースの消毒剤を使用した手指衛生を行うことが推奨されています。 

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C046.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは在留届を提出した方と「たびレジ」に登録した方に、配信しています。

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国、移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください

〔お問合わせ先〕
外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
100 – 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902

]]>
百歳以上の長寿者調査(ご協力のお願い) https://japanskaforeningenisthlm.se/blog/2022/04/27/%e7%99%be%e6%ad%b3%e4%bb%a5%e4%b8%8a%e3%81%ae%e9%95%b7%e5%af%bf%e8%80%85%e8%aa%bf%e6%9f%bb%ef%bc%88%e3%81%94%e5%8d%94%e5%8a%9b%e3%81%ae%e3%81%8a%e9%a1%98%e3%81%84%ef%bc%89/ Wed, 27 Apr 2022 20:14:03 +0000 http://japanskaforeningenisthlm.se/?p=8098 会員のみなさま

在スウェーデン日本大使館より最新情報を共有いたします。

[...]

もっと読む »

]]>

会員のみなさま

在スウェーデン日本大使館より最新情報を共有いたします。

…………………………………


日本政府は、毎年「老人の日」(平成13年までは「敬老の日」)の記念行事として、百歳以上の長寿者の状況について「記者発表」を行うとともに、百歳を迎える日本人の方に対し、その長寿を祝い、かつ多年にわたり社会の発展に寄与してきたことを感謝し、内閣総理大臣からのお祝い状及び記念品の贈呈を実施しています。
 海外に在留している日本国籍保持者の方も調査・贈呈の対象となりますので、以下をご参照の上、該当される方、又は該当者をご存じの方は、当館までご連絡いただきますようご協力をお願いします。

1調査対象
1923年(大正12年)3月31日以前に出生した日本国籍保持者

【注1】調査の対象は、百歳以上の在留邦人です。
【注2】今年度の長寿表彰の対象は、1922年(大正11年)4月1日から1923年(大正12年)3月31日までの間に出生した在留邦人です。
【注3】自己の志望によって外国の国籍を取得(帰化)した方は、国籍法第11条第1項により、日本国籍を喪失しており本調査・贈呈の対象とはなりません。
【注4】当館管轄地域外(スウェーデン国外)に居住する方は、最寄りの大使館・総領事館・領事事務所にご連絡ください。

2期限
本年5月16日(月)

3連絡いただきたい事項(分かる範囲で結構です)
○氏名とふりがな
○性別
○生年月日
○年齢
○本籍地
○連絡先の氏名、電話番号、FAX番号、メールアドレス

在スウェーデン日本国大使館
TEL:+46-(0)8-5793-5300 (閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX:+46-(0)8-661-8820
H P:http://www.se.emb-japan.go.jp/

]]>
ラマダン期間中の安全に関する注意喚起(リマインド) https://japanskaforeningenisthlm.se/blog/2022/04/27/%e3%83%a9%e3%83%9e%e3%83%80%e3%83%b3%e6%9c%9f%e9%96%93%e4%b8%ad%e3%81%ae%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e6%b3%a8%e6%84%8f%e5%96%9a%e8%b5%b7%ef%bc%88%e3%83%aa%e3%83%9e%e3%82%a4/ Wed, 27 Apr 2022 20:05:55 +0000 http://japanskaforeningenisthlm.se/?p=8094 会員のみなさま

在スウェーデン日本大使館よりの最新情報を共有いたします。

[...]

もっと読む »

]]>
会員のみなさま

在スウェーデン日本大使館よりの最新情報を共有いたします。

……………………

●4月30日(土)まではイスラム教のラマダン月、その後の5月3日(火)まではラマダン明けの祭り(イード)に当たります。
●一般にこの期間中、大規模行事や人の多く集まる場所はテロ等の標的となりやすいことに留意し、安全確保に十分注意を払ってください。

既に以下のリンクにある広域情報でもお伝えしていますとおり、4月30日(土)(※)まではイスラム教のラマダン月に当たり、また、その後約3日間(5月1日(日)~5月3日(火))(※)はイードと呼ばれるラマダン明けの祭りが行われます。

一般にラマダン期間中の集団礼拝日に当たる金曜日(4月29日)やイード期間中の大規模行事や人の多く集まる場所(商業施設や宗教施設等)は、テロ等の標的になりやすいことに留意し、安全確保に十分注意を払ってください。

外務省海外安全ホームページや報道等により最新情報の入手に努めるほか、「たびレジ」もご活用ください。

(※ラマダン月の期間は、目視による月齡観測に依拠するため、上記日程は直前に変更されることがあります。)

「ラマダン期間中の海外渡航・滞在に関する注意喚起」
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C027.html

在スウェーデン日本国大使館 
TEL:+46-(0)8-5793-5300 (閉館時は緊急電話対応業者につながります) 
FAX:+46-(0)8-661-8820 
H P:http://www.se.emb-japan.go.jp/

]]>
【広域情報】ファストトラック(入国時の検疫手続の一部の事前登録)の運用開始について https://japanskaforeningenisthlm.se/blog/2022/03/09/%e3%80%90%e5%ba%83%e5%9f%9f%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%80%91%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%88%e5%85%a5%e5%9b%bd%e6%99%82%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%96%ab%e6%89%8b/ Wed, 09 Mar 2022 10:44:27 +0000 http://japanskaforeningenisthlm.se/?p=8065 会員のみなさま

外務省海外安全ホームページの最新情報を共有いたします。

[...]

もっと読む »

]]>
会員のみなさま

外務省海外安全ホームページの最新情報を共有いたします。

……………

1 2022年3月1日以降、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港で試行運用が行われていたファストトラック(入国時の検疫手続の一部の事前登録)について、3月9日からこれら4空港に加え、成田国際空港でも利用が可能となりました。ファストトラックの利用により、入国時の一部検疫手続きを事前に済ませることができるようになります。

2 具体的には、指定のアプリ(MySOS)上で、質問票、誓約書、ワクチン接種証明書、検査証明書の登録を行うことで、入国時の検疫手続きを簡素化することができます。

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C023.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは在留届を提出した方と「たびレジ」に登録した方に、配信しています。

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国、移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login



〔お問合わせ先〕
外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
〒100 – 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902

]]>
ウクライナ情勢を受けた備え/日本への入国、帰国に際しての出国前検査の検体追加について https://japanskaforeningenisthlm.se/blog/2022/03/02/%e3%82%a6%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e6%83%85%e5%8b%a2%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91%e3%81%9f%e5%82%99%e3%81%88%ef%bc%8f%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%b8%e3%81%ae%e5%85%a5%e5%9b%bd%e3%80%81%e5%b8%b0/ Wed, 02 Mar 2022 19:38:55 +0000 http://japanskaforeningenisthlm.se/?p=8059 会員のみなさま

在スウェーデン日本大使館より最新の情報を共有いたします。

[...]

もっと読む »

]]>

会員のみなさま

在スウェーデン日本大使館より最新の情報を共有いたします。

…………..
○ ウクライナ情勢を受け、スウェーデン政府は、偽情報やサイバー攻撃など、安全保障上のリスクへの注意を呼びかけています。日常的なリスクへの備えに留意しましょう。
○ 日本への入国・帰国に際する出国前検査の検体が追加されます。

1 ウクライナ情勢を受けた備え
 現在のウクライナ情勢を受け、スウェーデン政府は、スウェーデンへの脅威に対する備えを高めています。アンデション首相、ビデーン国防軍最高司令官、ヨハンソン司法・内務大臣等が、スウェーデンの周辺地域の安全保障情勢は悪化しており、脅威認識を高めて警戒している旨を公表しています。
 具体的には、いわゆる情報操作や偽情報キャンペーンが増しているほか、サイバー攻撃、サボタージュ(生産設備や流通等への妨害工作)のリスクが指摘されています。
 スウェーデン政府は、日頃からこうした脅威に備えることを勧めているところですが、この機会に改めて、偽情報や日常生活に起こりうるリスクに備えることを呼びかけています。
 当館ホームページ内に、スウェーデン政府が従来から国民に周知している非常事態への備えに関するページを設けていますので、この機会にご確認ください。
【当館:スウェーデン政府が勧める非常事態への備え】
https://www.se.emb-japan.go.jp/nihongo/crisis_preparedness.html

2 日本への入国・帰国に際しての出国前検査の検体追加について
 日本への入国・帰国時に必要な検査証明書で有効と認められる検体について、3月9日午前0時(日本時間)以降に日本に到着する場合は、鼻腔ぬぐい液を有効な検体として取り扱うことになりました。ただし、鼻腔ぬぐい液検体はPCR検査等の核酸増幅検査のみ有効です。
【厚生労働省:検査証明書について】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html
※ 上記ページにQ&Aも掲載されています。

在スウェーデン日本国大使館
TEL:+46-(0)8-5793-5300 (閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX:+46-(0)8-661-8820
H P:http://www.se.emb-japan.go.jp/

]]>
日本の水際対策、ロシア・ウクライナ情勢を受けた航空便の状況等 https://japanskaforeningenisthlm.se/blog/2022/02/28/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e6%b0%b4%e9%9a%9b%e5%af%be%e7%ad%96%e3%80%81%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8a%e6%83%85%e5%8b%a2%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91/ Mon, 28 Feb 2022 21:02:51 +0000 http://japanskaforeningenisthlm.se/?p=8057

会員のみなさま

[...]

もっと読む »

]]>
 

会員のみなさま

在スウェーデン日本大使館よりの最新情報を共有いたします。

…………………………………..

○3月1日以降、日本の水際対策措置が見直されます。
○ロシア・ウクライナ情勢を受け、欧州・アジア間の航空便の利用に当たっては、各航空会社の情報に注意して下さい。
○2月27日、スウェーデン外務省はロシアへの不要不急な渡航の中止を勧告しました。

1 3月1日以降の日本の水際対策措置の見直し
入国者の待機期間の一部短縮など、当館サイトにて内容の概要をご紹介していますのでご参照ください。
詳細については当館サイト内にリンクを貼っている厚生労働省、外務省及び法務省(出入国在留管理庁)等のページをご確認ください

【参考:在スウェーデン日本国大使館 新型コロナウイルス感染症対策情報】
https://www.se.emb-japan.go.jp/nihongo/novel_coronavirus.html#japan

2 スウェーデン政府によるロシア航空機の飛行禁止
スウェーデン政府は、2月28日から、スウェーデン領空でのロシア航空機の飛行を禁止する旨を決定しました。これは、EU外相会合の決定に従うものです。
ロシアの対抗措置により、ロシア領空を飛行する欧州・アジア間の航空便への影響が想定されますので、渡航される方は、事前に航空会社の運航情報を十分ご確認ください(例えば、フィンエアーは2月28日から3月6日までの間、ヘルシンキと東京・大阪を結ぶ航空便の停止を発表しています。)。

【スウェーデン政府プレスリリース(英語)】
https://www.government.se/press-releases/2022/02/sweden-closes-airspace-to-russian-aircraft/

3 スウェーデン外務省によるロシアへの不要不急な渡航中止勧告
2月27日、スウェーデン外務省は、広範な地域における深刻で予見不可能な安全状況、ロシアからの交通手段及び決済システムの不確実性に鑑み、ロシアへの不要不急な渡航を中止するよう勧告を発出しました。

【スウェーデン政府プレスリリース(スウェーデン語)】
https://www.regeringen.se/uds-reseinformation/ud-avrader/ryska-federationen-ryssland—avradan/

在スウェーデン日本国大使館
TEL:+46-(0)8-5793-5300 (閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX:+46-(0)8-661-8820
H P:http://www.se.emb-japan.go.jp/

]]>
日本における自宅等待機期間の変更 https://japanskaforeningenisthlm.se/blog/2022/01/29/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e8%87%aa%e5%ae%85%e7%ad%89%e5%be%85%e6%a9%9f%e6%9c%9f%e9%96%93%e3%81%ae%e5%a4%89%e6%9b%b4/ Sat, 29 Jan 2022 09:40:00 +0000 http://japanskaforeningenisthlm.se/?p=8050 会員のみなさま

在スウェーデン日本国大使館からの最新情報を共有いたします。

………………………….

[...]

もっと読む »

]]>
会員のみなさま

在スウェーデン日本国大使館からの最新情報を共有いたします。

………………………….

○1月29日午前0時(日本時間)から、オミクロン株が支配的になっている国・地域(現時点では全ての国・地域)からの帰国者・入国者の自宅等待機期間が変更されました。

1 1月29日午前0時(日本時間)から、全ての国・地域からの帰国者・入国者に日本政府が求めている自宅又は宿泊施設での待機、待機期間中の健康フォローアップ、公共交通機関不使用の期間を、オミクロン株が支配的になっている国・地域(現時点では全ての国・地域が該当するため、スウェーデンも含まれます。)からの帰国者・入国者について、10日間から7日間に変更されました。既に日本に帰国・入国し、自宅等待機中の人の待機期間も変更されました。

2 なお、今後、オミクロン株以外の変異株が支配的になっていることが確認されている国・地域に指定された場合は、当該国・地域は自宅等待機等の期間が14日間になります。

3 スウェーデンでも、国内の新型コロナウイルス感染症予防対策が引き続き強化されています。公共空間で社会的距離を確保し、混雑した場所を避け、可能な限り公共交通機関以外の交通手段を利用することが求められること、移動中であれば、混雑時及び公共交通機関において社会的距離が確保できない場合(長距離・短距離の別、バス、電車、タクシー、船等の手段を問わない)は、マスクを着用すること、在宅勤務が可能な場合には在宅勤務を行うことのほか、イベント、集会、会食等における制限を設けること等が内容となっています。イベント、集会、会食等に参加する必要がある場合には、十分な感染対策を行うようお願いします。

]]>
スウェーデン政府における入国規制の変更 https://japanskaforeningenisthlm.se/blog/2022/01/20/%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%94%bf%e5%ba%9c%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e5%85%a5%e5%9b%bd%e8%a6%8f%e5%88%b6%e3%81%ae%e5%a4%89%e6%9b%b4/ Thu, 20 Jan 2022 15:12:29 +0000 http://japanskaforeningenisthlm.se/?p=8003 会員のみなさま

在スウェーデン日本国大使館よりの情報を共有いたします。

[...]

もっと読む »

]]>

会員のみなさま

在スウェーデン日本国大使館よりの情報を共有いたします。

……………………………………………….

○1月21日から、スウェーデン政府は、新型コロナウイルス感染症感染予防対策のための入国規制を変更します(昨年12月27日まで適用されていた入国規制に戻ります。)。

1 1月21日から、スウェーデン政府は、新型コロナウイルス感染症予防対策のため実施していた入国規制を変更することを決定しました。2021年12月27日まで適用していた入国規制に戻ります。


 北欧諸国を含むEU/EEA諸国からの入国の場合、EU/EEA諸国で発行された(1)ワクチン接種証明書(EUワクチン接種証明書)、(2)入国前72時間以内に採取された検体による新型コロナウイルスの検査(抗原検査、PCR、TMA又はLAMP)の結果証明書(陰性のもの。以下「検査証明書」といいます。)若しくは(3)新型コロナウイルスからの回復証明書(EU/EEA*諸国で発行された(1)ないし(3)の証明書を「EUデジタル新型コロナウイルス証明書(EU Digital Covid Certificate)」といいます。)又は「同等の証明書」の提示義務があります。ただし、同提示義務に関し、18歳未満の者、スウェーデン住民等の免除される人の区分があります。

 上記以外の第三国からの入国の場合、不要不急の入国が禁止されるため、1つ以上の入国禁止措置の免除事由(例:スウェーデン国籍保持者、EUワクチン接種証明書所持者、承認国(スウェーデンがEUワクチン接種証明書と同等のワクチン接種証明書を発行する国・地域と承認したものをいいます。)で発行されたワクチン接種証明書の所持者、免除国(第三国のうち、当該国・地域の住民であることが一時的入国禁止措置の免除事由となるものをいいます。)の住民、特に緊急な入国の必要性が認められる者、スウェーデンにおいて必須の機能を果たす者等)がない場合は、一時的入国禁止措置の対象となります。一時的入国禁止措置の免除事由がある場合も、入国に当たっては、検査証明書(陰性のもの)の提示が必要です。た
だし、検査証明書の提示義務に関し、18歳未満の者、スウェーデン住民、承認国で発行されたワクチン接種証明書所持者等の免除される人の区分があります。

2 また、スウェーデン政府は、国内の新型コロナウイルス感染症予防対策を強化しています。公共空間で社会的距離を確保し、混雑した場所を避け、可能な限り公共交通機関以外の交通手段を利用することが求められること、移動中であれば、混雑時及び公共交通機関において社会的距離が確保できない場合(長距離・短距離の別、バス、電車、タクシー、船等の手段を問わない)は、マスクを着用すること、在宅勤務が可能な場合には在宅勤務を行うことのほか、イベント、集会、会食等における制限を設けること等が内容となっています。イベント、集会、会食等に参加する必要がある場合には、十分な感染対策を行うようお願いします

【参考:在スウェーデン日本国大使館 新型コロナウイルス感染症対策情報】
https://www.se.emb-japan.go.jp/nihongo/novel_coronavirus.html#japan

在スウェーデン日本国大使館 
TEL:+46-(0)8-5793-5300 (閉館時は緊急電話対応業者につながります) 
FAX:+46-(0)8-661-8820 
H P:http://www.se.emb-japan.go.jp/

]]>
日本のオミクロン株に対する水際措置の延長 https://japanskaforeningenisthlm.se/blog/2022/01/12/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%9f%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%b3%e6%a0%aa%e3%81%ab%e5%af%be%e3%81%99%e3%82%8b%e6%b0%b4%e9%9a%9b%e6%8e%aa%e7%bd%ae%e3%81%ae%e5%bb%b6%e9%95%b7-2/ Wed, 12 Jan 2022 16:55:06 +0000 http://japanskaforeningenisthlm.se/?p=7996

会員のみなさま

[...]

もっと読む »

]]>

会員のみなさま

在スウェーデン日本大使館からの最新情報を共有いたします。

……………………………..

○1月11日、日本政府は、オミクロン株に対する水際措置の強化を、2月末までの間、継続することを決定しました。
○1月12日から、スウェーデン政府は、新型コロナウイルス感染症感染予防対策を強化します。

1 1月11日、日本政府は、オミクロン株に対する水際措置の強化を、2月末までの間、継続することを決定しました。これに伴い、外国人の新規入国禁止(「特段の事情」による入国の場合を除きます。)及び有効なワクチン接種証明書保持者に対する行動制限緩和の見直しは、2月末までの間、継続されます。
日本時間2021年12月2日午前0時以降、全ての国・地域で発給された「日本人の配偶者等」((S)AS SPOUSE, CHILD OF JAPANESE)(*)、「永住者の配偶者等」((S)AS SPOUSE OF PERMANENT RESIDENT)又は「外交」((D)AS DIPLOMAT)以外の査証は一時的に効力を停止したものとみなされますので、同査証を利用した入国については回避していただくようお願い致します。
(*)日本人の配偶者に対して発給された短期滞在ビザ((V)AS TEMPORARY VISITOR)も効力を停止したものとみなされます。

2 また、1月11日現在、日本政府はスウェーデンを宿泊施設にて6日間の待機となる「水際対策上特に対応すべき変異株」に対する指定国・地域に指定しています。
これにより、スウェーデンからの全ての入国者及び帰国者は、入国後に検疫所長が指定する宿泊施設において6日間の待機し、入国後3日目及び6日目に改めて検査を行い、陰性と判定された場合には、検疫所の宿泊施設を退所し、入国後14日目までの間、自宅等での待機となります。

【参考:在スウェーデン日本国大使館 新型コロナウイルス感染症対策情報】
https://www.se.emb-japan.go.jp/nihongo/novel_coronavirus.html#japan

3 1月12日から、スウェーデン政府は、新型コロナウイルス感染症の急拡大及び医療負荷の増加に対応するため、新型コロナウイルス感染症感染予防対策を強化します。この感染症予防対策強化は、別途公表されている新型コロナウイルス感染症感染予防対策の強化に関する行動計画に基づきます。
 公共交通機関におけるマスクの着用、社会的距離の確保、在宅勤務が可能な場合の在宅勤務の実施等の感染防止に努めるとともに、イベント、集会、会食等への参加が必要な場合には、それぞれの場面で適用される制限を確認し、十分な感染対策を行うようにしてください。

在スウェーデン日本国大使館 
TEL:+46-(0)8-5793-5300 (閉館時は緊急電話対応業者につながります) 
FAX:+46-(0)8-661-8820 
H P:http://www.se.emb-japan.go.jp/

]]>
【広域情報】新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置 https://japanskaforeningenisthlm.se/blog/2022/01/11/%e3%80%90%e5%ba%83%e5%9f%9f%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%80%91%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b9%e6%84%9f%e6%9f%93%e7%97%87%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99-78/ Tue, 11 Jan 2022 21:36:51 +0000 http://japanskaforeningenisthlm.se/?p=7992 会員のみなさま

外務省海外安全ホ—ムページの最新情報を共有いたします。

[...]

もっと読む »

]]>
会員のみなさま

外務省海外安全ホ—ムページの最新情報を共有いたします。

……………………………………

1 「水際対策強化に係る新たな措置(23)」(令和3年12月28日)において、当面の間、継続することとした、「水際対策強化に係る新たな措置(20)」(令和3年11月29日)における、「2.外国人の新規入国停止」及び「3.有効なワクチン接種証明書保持者に対する行動制限緩和措置の見直し」については、本年2月末までの間、継続することとします。 

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C004.html

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは在留届を提出した方と「たびレジ」に登録した方に、配信しています。

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国、移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login

〔お問合わせ先〕
外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
100 – 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902

]]>